スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

3人でもできる「模擬」

CLの盛り上がりもあってか、あちらこちらで感想・考察をされているサイトさんをお見かけします。

未熟者のノーキン候補生としましてはどれもこれも目からウロコのお話ばかりです。そのうち私が必見と思ったものをここにメモしておきます。

とぅるぽっぽるぽるきゅ艦隊の動画

提督の唯一ネ申さんが撮影された動画です。何度見ても感心してしまいます。ダウンロード大変ですがまだ見られていない方はぜひ!

ハートマン軍曹のドリル1

セレス・ビクトリアさんの戦闘講座。2対1でのキソとなる戦い方を図入りで解説されています。

勉強会

Rウォーカー会長の提案でコレをψICBMψで実際にやってみました。

耐久底、大砲2スロット、補助帆2スロット、その他一切なしの条件で2隻(攻撃側)と1隻(防御側)に分かれて模擬します。制限時間の3分の間に攻撃側は沈められるか、防御側は耐えられるか、という勝負です。

この「模擬」、ものすごく勉強になります。攻撃側は連携しないと沈められませんし、防御側は操船を間違うとあっという間に沈みます。

少人数でも出来てオサイフにもやさしい、しかもスキルが身につくという1粒で何度でも美味しい「模擬」です。またやりたい!

スポンサーサイト
 
 

チャンピオンズリーグ

CL、チャンピオンズリーグに出ないか、と誘われたのは11月はじめのことでした。「ICBMで第2艦隊を出そう」と。

第18回大海戦が終わり、ICBM主力メンバーが一斉に休止してしばらくたったころのお話になります。

ちゃちゃさんと競いあうようにして、どうにか戦列艦に乗れるようになったとはいうものの、オポルト前で毎晩開かれる模擬戦ではさんざんな結果ばかり。

大型ということもあってどこか張り詰めた空気漂うオポ模擬は気分的にしんどく、各地の商会さん主催の中型模擬のカジュアルな空気が楽しくていいな、という感じにダラダラ過ごしておりました。CL? : なにそれ美味しいの?

美味しいかどうかは冗談としても、若葉マークの戦列艦乗りとしてはCLと言われてもピンときていなかったのは確かです。予定されていたメンバーで艦隊を組むこともしませんでした。……当然、出場辞退とあいなり、ICBM第2艦隊は幻と消えたのでした。

おととい、昨日と行われたCLで、ICBM第1艦隊/クラーベル連合のチーム名「とぅるぽっぽるぽるきゅ」は見事3位に入賞しました。

応援と称して、この2日間、特等席でおせんべい(?)食べながら観戦していた私たち、幻の第2艦隊メンバーでした。

観戦していて思ったこと、たくさんあります。もちろん目も醒めるような技術だとか、戦いっぷりについての感想もあります。

でも一番つよく思ったのは参加者の皆さんがみんな楽しんでいるんだなぁ、ということでした。大砲と大砲で会話する、のーきんさんたちのちょっと不器用だけど熱い思いが、観戦していた私にもよく伝わってきました。このためにつらいつらい修行に耐えてみんなガンバルんだな、って。

リアルの都合とかもありますけれど、次のCLがあるとすれば、その時までに「楽しめる」気持ちを持てるようにちょびっとだけ努力しようかな、とそんなことを思ったのでした。

最後にもう一度。「とぅるぽっぽるぽるきゅ」3位入賞おめでとうございます。

そしてすべての参加者の方々、主催者のみなさまに心からの敬意を表したいと思います。おつかれさまでした。

……えーと、戦列艦にはっつけてある若葉マーク外したいんですけど、さてどうしましょう(笑)。

 
 

商会移転

商会移転記念撮影

思い出いっぱいのカリカットの商館を手放すことになってしまったのは残念です。

でも、ぎっしり点灯している真新しい商会員リストを眺めていたら、心機一転がんばろう、という気になりました。

商会名がなかなか決まらなかったり、メンバー登録の順番を100面ダイスで決めようとしたら軒並み80以上を転がしてくるみなさんののーきんっぷりがステキです。

めざせ!  セビリア商館収奪!

つらいけどぺちぺちスキル上げやることにします。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。